VJ1プレイ日記(12回目)
第六話「5人の用心棒・ボス戦」



このステージはいままでのボスの連戦ですが、
アナザージョーまで倒すと、新しいヤツが現れます。
シルヴィアと感動の再会もつかの間、すぐに追っ手が。
ジャドーの幹部に誘われるも、クールに断って戦闘開始。

灼熱王ファイアーレオはこのゲーム中最強らしいです。
ラスボスをも超越した強さだとかなんだとか。
攻撃パターンさえ読めたら楽。な今までのボスとは違い、
分かっていても避けられない、対処できない恐ろしい敵です。

下が溶岩でいっぱいの円形のフィールドで戦います。
レオが炎を纏っていて近づけないので、岩をマックスピード殴って、
つねに自分も炎を纏わないと、近づくことすらできません。
こっちも炎を纏って接近し、とにかくSZパンチの連打!!
彼は破壊できますが盾で防御してきて、時間を稼がれます。
盾破壊、少しダメージを与えると無敵状態のバレリーナ顔負けの回転攻撃。
これは超スピードの連続攻撃で、ドクロマークが表示されるのでスローで見切って避け。
5回ほど避けると、目を回すのでそこをSZパンチで連打!
すると、また炎を纏って・・・・以降繰り返し。

よく考えれば、あんまり強くないのではと思います。
原因はVFXゲージの不足かと。盾破壊に時間を稼がれ、
あまりダメージを与える間もなく回転攻撃に持っていかれます。
回転攻撃時も、ずっとスローかけている余裕はないので上手く使わないといけません。

ここで、僕の見つけた結構楽な(?)技を伝授しましょう。
これは、盾破壊などでVFX使いすぎて、回転攻撃を見切るのが無理なときです。
ちなみに、VRLABさんのとこの【反則的な戦い方】に似てます。
っていうか、あれを見て自分なりにアレンジしました。ちょっとだけ。
盾破壊してその後の攻撃もして、回転攻撃に持ち込まれるまでは同じ。回転攻撃をされたときに、ゲージが少ないと、人間に戻ってしまって大ダメージを受けてしまうので、ここは時間を稼ぎます。
回転攻撃はもうほっといて逃げます。地面の裂け目まで逃げると、レオは溶岩へと落ちて行って炎を纏うところに戻ります。その間には回復しているので繰り返し・・・と。

このやり方だと、VRLABさんで書かれていたデメリットも解消かと。

もうこれは"慣れ"しかないですね。
5回目くらいでやっと勝利できましたが、テイク2を使用しました。

ようやく、シルヴィアを救出。ハッピーエンドと思いきや・・・・
さらに巨大な悪があらわれてまたシルヴィアをさらっていきます。
ジョーはシックスマシンを呼び寄せて後を追います。
次回最終話!
[PR]
by naoki_sugiyama | 2005-01-20 19:11 | ・VJシリーズプレイ日記
<< 1/20 今日の日記 1/19 今日の日記 >>