シャドウハーツ2について
シャドウハーツ2 公式設定資料集 World Guidance
エンタテインメント書籍編集部 / ソフトバンク・パブリッシング




シャドウハーツ公式ファンクラブ
ここのマジメルショップで注文したら、1日で届きました。
ずっと欲しかったけど、買えてなかった公式設定資料集。




とりあえず、書かれていたことで気になった(ツボった)点

・アナスタシアの髪の仕組みが載っていた点
・ベロニカはラスプーチンにベタ惚れだったという新発見
・エンディング後にヨアヒムが飛んだ先は現代という驚きの事実
・開発当初、タイトルは「真シャドウハーツ」だったというトリビア
・ニコルはアナスタシアと兄妹という設定だった(?)
・予想以上にサイズがデカくて、本棚に入らないという現実


<ブランカとウルのコント的なボツネタ>
ブランカは、ウルと二人きりの時だけ人間のように振舞わせよう、と考えていました。
たとえば、無響庵の縁側で、あぐらをかいて新聞を読んでいたり、
寝そべって頬杖しながらラジオ中継を聞きつつ「フフッ・・・・・・」と笑ったり。
そんな姿のブランカをひっ捕まえて、「チャックどこ?ねえチャックあるでしょ!」と探すウル。
そんなウルを見て、仲間は彼の方がおかしいと言い始める・・・・・
(公式設定資料集P29ブランカより)


という設定があったそうですよ。なくなったそうですが。
これは見たかった。こういうやり取りで、最後はウルがいじけるっていう・・・・
あー勿体ないなぁ。これは見たかった。実に見たかった。


メインキャラは勿論、存在すら忘れていたキャラの細かい設定、
キャラの作成エピソードなどマニアにたまらない作りになっております(誰
でも自分の中での1番の目当ては、各キャラのエンディング後です。
グッド・バッドエンド、カレン=アンヌについては納得できん点もありましたが、
これ読んだら、まぁ納得できましたし、他キャラのその後は作中ではあやふやだったけど
結構詳しく載ってたし、ヨアヒムのが一番驚いたなぁ。

とりあえず、高かったけど買って良かった。
[PR]
by naoki_sugiyama | 2005-05-29 03:09 | ・ゲームの話
<< 5/30 復活の日記 5/24 日記 >>