おすすめ漫画その3
蟲師 (1) アフタヌーンKC (255)
漆原 友紀 / 講談社
現在1巻~5巻まで発売中



ストーリーというか話の内容
主人公は蟲師のギンコ。
ギンコは蟲を寄せる体質の為、日本を旅している。
その途中で蟲の起こす奇怪な現象を解決していく。

【蟲とは?】
およそ遠しとされしもの――見慣れた動植物とはまるで違うとおぼしきモノ達、
それら異形の一群をヒトは古くから畏れを含みいつしか総じて「蟲」と呼んだ。
(Amazon.co.jpより)

【蟲師とは?】
蟲を研究し、蟲の起こす奇怪な現象を解決できる唯一の人間。

多分舞台は江戸時代から明治時代までの間くらい。
倒幕の一歩手前、幕府の力が衰えてきたところくらいでしょうか。

日本の昔からの不思議な現象
を蟲のしわざに仕立てて、それを蟲師ギンコが解決していく。
一話一話で完結する話になっており、最後までゾッとするような話、
感動する話、奇妙な話、ハッピーエンド、アンチハッピーエンド等、
色んな話があって、かなり飽きないです。
どんな話も、とても不思議な感じがして良い。

上記の通り色んな話があるのですが、
すべてに蟲がからみ、不思議で奇妙な話になっています。
何度読んでも多分飽きないと思います。
[PR]
by naoki_sugiyama | 2004-11-18 19:00 | ◎おすすめの●●
<< 11/18今日の日記 メガテン3プレイ日記・その十弐 >>