おすすめ漫画その2
寄生獣―完全版 (1)
岩明 均 / 講談社
寄生獣 (1)
岩明 均 / 講談社




ストーリー
『地球を守るには人間の数を減らすこと』
ある日地球に多数の、ヘビの形をした寄生生物が降り立った。
この生物は人間の体内に入り込み、脳を乗っ取って体を動かして人間を喰う。
主人公のシンイチは、腕から入り込まれたがなんとか脳までの侵入は防いだ。
しかし右腕に寄生されてしまい、右腕が寄生生物になってしまった。

そんな時、巷ではミンチ事件が流行っていた。
寄生された人間が他の人間を喰っているのだった。
コレを食い止めるため、右腕に寄生した"ミギー"とともに、
シンイチの寄生生物との戦いが始まる。

長っ!!短くまとめるのは難しいなァ・・・・

少しグロさはあります。
顔がパカッっと開いて人間をむさぼり喰ったり。
しかし、このグロさは全く気になりません。

あと、寄生生物のミギーがなんかカワイイんです。
右腕だけなので、グロくなくて逆にカッコイイくらいなんです。
どんどん人間性をおびてきたりして、9巻の最後なんか涙止まりません。

でもやっぱり最大の魅力は、
なにか生物、人間について考えさせられることですね。
最後読み終わったあと、何かと考えさせられました。
それがなんなのか、答えは僕には分かりませんが、きっと何か感じるハズです。

ドラマ&映画化とかしてもおかしくないですね。
漫画を好む者なら、絶対に読むべきです。
[PR]
by naoki_sugiyama | 2004-11-15 20:08 | ◎おすすめの●●
<< 『天星 ソード・オブ・デスティ... 今週のジャンぷ51号 >>